« ボーダフォン「魔性の宿曜」がサービスイン | トップページ | 今週のあなたの運勢 »

2005年10月26日

謎の物体X

美容院とはかくも素晴らしい場所である。
まずシャンプー。
人に頭を洗ってもらうというのは
どうしてこうも気持ちいいのだろうか。

私は今、健康のために針治療に通っているが
頭に針を刺されるアノ感覚とは雲泥の差なのである。
10本ぐらい針を刺されることもまれでなく
(イヤならいかなきゃいいのだが…)
そうなったらもう気分はハリネズミである。

さてさて。
頭皮もすっきり心もスッキリと大満足の私は
帰りがけにちょこっとデパートでも寄ろうかと
寄り道をしていたのである。
1階の、華やかなショーウインドウに
目を奪われながら歩いていると、
ふと足元に何かが見えたのである

黒い影。
私の足程度の大きさ。
移動のスピードは…私の歩調ほど。

ピピピピと、
まるで近未来型ロボットのように
リサーチを終えた私の分析結果は

「いや~ん、ネズミだっぴょん!」

そうなのである。
全長30センチもあろうかというドブネズミが
さも堂々と私の隣を歩いているのである。

イケメン男と歩くのはやぶさかではないが、
「ちょっとキミはなあ…」と
軽く乙女心に素直になりつつも
動物好きの血が騒ぐのか、
目はそちらを追いかける。

すると、ネズミくん、
柱にぽっかりと空いた5センチほどの穴に
ひょろりと逃げ込んでいった。

いやあ、こんなところにネズミの巣があったとは。
彼らが掘っていったのだろうか。
それにしても、よくみるとかわいい顔をしていたなあ…。

私が動物好きだと知ってか知らずか、
私に歩み寄ってきていたこのネズミくん。
最近は、みんなが嫌うようなドブネズミすら
「かわいい♪」と感じてしまう私は
いかがなものだろうか???

てなことを考えながらマンションに戻ると、
野良猫のチャトラが入り口で招き猫のポーズをしている。
猫に小判か、招き猫か。
ネズミは行くなと語りしか。
おやおや、トムとジェリーじゃないんだから。
でも、不思議な体験だったなあ。

というわけで、恒例の幸せぴょんぴょんメッセージ。

「ちょっとした幸せは愛護の心が招くもの」

ではまた!

Posted by マヒロ  | | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎の物体X:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。