« 土用一の丑の日 | トップページ | 今週のあなたの運勢 »

2008年7月26日

美味です!関口フランスパン

先日、私が広告代理店に勤務していたときの上司「熊野」氏が、定年退職をされるということで、送別会に行ってまいりました。

50名以上集まったその会では、18年ぶり(退職して18年です)にお会いする人たちも大勢。とても懐かしく、そしてとても楽しい時間を過ごすことができました。熊野さん、お誘いいただき、ありがとうございました。   じつはこの方、マスコミでも有名であり、本も何冊も執筆しているのですよ~。

そして、この会社時代の同期の友達の話は、7/9のブログでもしましたが…そう。このくだり・・・。「インナー・シティ・ズー・ノア」にいってきました。http://www.kentosh.co.jp/noah/index.html

もう一人、会社の同期の紹介をしますね。

「関口フランスパン」を経営しています!(たぶん経営者は友達のだんな様)

http://www.sekiguchipan.co.jp/index.html

この「関口フランスパン」、かなり歴史のあるお店で、しかも味にはかなりの定評があります。

先日、日本橋三越の「匠の味」展に出展するほどですから!!!

先日、賞味させていただいた「目白坂ラスク」は絶品でしたよ~。とくにブルーベリー味のラスクは、珍しいだけではなく、とっても美味。

Rusk_04_06

もちろん、ラスクやフランスパン以外にも、とっても美味しそうなデニッシュなどなどもいっぱいあり、 通販もしているそうなので、今度、大人買いをしようと思っています。

でもやっぱり、「フランスパン」が大好きな私は、フランスパンがイチオシかな~。

あっ、カ0002_w140フェも何店舗かあるようです。近所にお住まいの方はぜひ一度!

http://www.sekiguchipan.co.jp/index_tenpo.html

さて、このお店の歴史を少し紹介。

ローマ法王の使者、オズーフ司教が神父のペトロ・レイ師と共に明治20年頃、山の手の関口町へ赴きました。

ペトロ・レイ師は、教会経営の孤児院の子供たちに何か文化的な職業を身につけさせようと考えた結果、パンの製造を思いつき、子供たちの中から長尾鉀二(後の関口フランスパン職工長)を選び仏印に送り出し本格的にフランスパンの製法を勉強させたのです。

その後、教会敷地内に製パン工場を建て関口フランスパンは、明治21年(1888年)6月小石川関口教会(現関口教会)製パン部として創業しました。日本における本格派フランスパンの誕生となりました。

Posted by マヒロ  |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。