« チェリーソウマ 走る! | トップページ | 皆既日食編 パートⅡ »

2009年7月25日

皆既日食にいってきました! 九州「皆既日食」編

  チェリーソウマ、残念!最後に差されて2着でしたぁ~。

さて、今週の21-22日、「皆既日食」を見るために九州にいってきました。

この日食ですが、人々が期待に胸を膨らませていたにも関わらず

悪天候の予報となり、朝5時の時点で屋久島は「雨」

私たち一行は、主催者より2つの選択を迫られることになったのです。

・天気が悪くても屋久島に渡り闇体験をする

・ひたすら太陽を求め九州を北上していく

私は、屋久島にいってみたいと願っていたため、

渡ることが可能なこの機会を逃したくないという気持ちと

月と太陽の天体ショーを見たいという気持ちと、とにかく迷いに迷いました。

おそらくDsc00513そこにいた人たち全員も、私同様の気持ちだったに違いありません。

ということで、主催者より

「今回は、太陽を見ることが目的なので、太陽を求めてひたすら車で走ります」

と決断が下されたのでした。Dsc00502

当日、5時のDsc00493時点で屋久島は「雨」。

全員で、屋久島は断念して太陽を求めて北上。

5時半過ぎに鹿児島を出発して、ひたすら車を走らせました。

鹿児島、熊本、佐賀、福岡、ものすごい距離。

途中のサービスエリアで一度日食Dsc00495を観測。ただし、ここだと絶頂のときに雲に覆われる可能性があるためさらに移動。最終的に福岡の「広川サービスエリア」にて、日食を観測することに決定。

Dsc00500
太陽、見れます!  晴れまくりで~す。

日食グラスをバッグより取り出したころ、誰かが・・・。

「ちょっと太陽が欠けている!」

早速、日食観測スタート。

徐々に、天Dsc00501体ショーが進行していき、やがて太陽と月は重なりが深くなり

最高潮に達っするのです。

「うひょ~!!! すごい!!!

時折、雲が薄くかかると、太陽と月とが重なっている形が肉眼でも見えて

とってもステDsc00485キです!

太陽を求めて、こDsc00507こまで来た甲斐あり!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

そして、ほんのわずか太陽が見える程度になるころ、鳥たちが急いで家に帰る?姿が

ここで、後れを取っている鳥が、慌てて先 頭の鳥たちに追いつこうと

必死に見えた写真Dsc00511を一枚アップします!

けっこう笑えました。

この空、夕方みたいでしょ?

ちなみに、比較のために、本当の夕方の写真もアップしますね!後のほうの写真が本当の夕方です。

Dsc00525途中、2日前に屋久島に渡っていた先発隊から連絡が入り、

「太陽は見れなDsc00504かったものの闇体験ができた」

と報告があり、

うううぅぅぅうぅうう「闇体験」これも体験してみたかったですぅぅぅううぅぅぅ~。

どっちも捨てがたいですよね。Dsc00505

しかし、2時間ほど、空を見上げて、太陽を見まくっていたので、Dsc00512

目を少しやられたのか、まだ瞼が腫れています。首もたいたい~!

つい見続けてはいけないと思いつつも、この天体ショーの瞬間、見逃せませんよね。Dsc00514

写真を撮ったので、(上手く撮れなかったですが)天体ショー、お楽しみください。

ちなみにピンクがかっているのは、日食グラスのせいです。

そうそう、東京でも見れたそうですね? 全国の皆様、見られましたか?

いずれにしても、変化の激しいこの時代。

世の中は、この天体ショーのように規則正しく進行するのではなく、

いつどんなことが起きるか、いつどんなことが我々の身に降りかかるのか…

予想がつきません。

今回の「皆既日食」を体験して、意識が変わった人も数多くいたでしょう。

私もその一人。

あなたの感じたその感覚、思いを存分に生かして、

残りの人生を力強く、そして自立して生きていってくださいね。

では次回は「熊本城編」に続く。

Posted by マヒロ  |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。