« 天国に旅立った「白梅」の形見 | トップページ | 被災した動物・捨てられた命・家族になれる幸せ犬 »

2011年4月27日

間一髪! チワワがケガをしないで済んだ!

先日、スーパーに買い物に出かけたときのこと。

自動ドアの出入り口に、小さなチワワがつながれていた。

チワワは、飼い主さん恋しさに、

わんわん吠え、自動ドアのところに向かった。

人が出入り口を通ったときにドアが開き、

その開いたドアの真ん中にチワワの身体が・・・。

ドアがチワワを挟みそうになった瞬間、

私がドアに駆けつけた。

チワワは、幸いなことに、ドアに挟まれないで済んだが、

仔犬のチワワだったので、体重は2キロないだろう。

もし、挟まれていたら、大ケガをしたに違いない。

チワワは、私が救済すると

愛らしく、ぴょんぴょんと跳ねて、

私の膝に乗ってきた。

それから、飼い主さんが来るまで、チワワと一緒にいてあげたが・・

もちろん、飼い主さんには、二度とこんなことがないように厳重注意をした。

以前、コンビニのところの看板につながれていた犬が、

その看板を引きずったまま、道路に飛び出したところを助けたことがあるが、

私がいなかったら、完璧に車にはねられていた。

事故を想定できない飼い主さんがあまりにも多い。

飼い主さんの不注意で、大切なペット(家族)を

失わないで欲しいと願うばかりだ。

Posted by マヒロ  |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。