« ドッグトレーナーのトレーニング項目(実技・説明)&実習時間120hコンプリート! | トップページ | 友達の結婚式でした。6月の花嫁さん♪ 可愛い♪ »

2012年6月 6日

乗馬日記 「ものすごく、ひさしぶり~」 byエターナルピース

「乗馬日記」いきまーす!

雷雨の予報を覆し、どうにか曇りをキープ。

今回は、エタPこと「エターナルピース」とmurakata先生です。

じつは、最初は、「リリー」だったのですが、

少し肢の動きがよくなかったためチェンジしました。12529rimg0182


レッスン中、リリーのことが心配でたまらなかったです。

肢の故障は、命取りになりますから。

それと、りりーたんに、乗ったときに、耳に、蜜のようなものがついていました。

「先生、リリーの耳に、ヘンなの付いていますよ」

先生「ぶつけたので、赤チンみたいのつけているんだよ」

頭をどこかにぶつけたらしいです。馬房かな? 

他の乗馬クラブの馬房は、うちのクラブより、もう少し広いです。

都心にあるクラブなので、土地もないため致し方ないですが、

けっこう、部屋でぶつける子います。

ちなみに、リリーは、元気で、すぐに復活しました。

オデコのたんこぶは、まだあるかな? 今、傷のせいで?前髪を結んでいて、可愛い顔しています。

さて、レッスンですが、

中盤までは、比較的順調!? 

でも、隣の馬場との境界線は、スパークル君同様、イヤがる感じでスピードダウン。  

巻き乗りは、常歩にダウン。 うーん、何度やっても常歩に・・(~_~;)    

駈歩発進! 比較的軽いのかな? 出ました!   

でも、人間が、鞍の上でどっすん!どっすん!

すぐに速歩になってしまいました。

次に、駈歩発進の扶助をしたら、少しだけ嫌がる様子で軽跳ねと頸振り。 

次に、駈歩扶助したら、前後跳ね? 記憶にない・・。 

私の内方の足が、馬の背中、いや頸の辺りに乗ったような形? 

内方に持っていた鞭が外方に・・。

この体制になったとき、運よくホルダーを掴めました。 

ということで、ずるりと半落ち状態をキープ。

エタPが動かないでいてくれたので、どうにか元の体制に戻れました。

う~ビックリ! 

エタPは、入厩したばかりのころ、1度乗ったことはありますが、

そのとき以来なので、よくわかりませんが、跳ねる子なのかな? 

初心者レッスンに出ることが多いので、

安心だし、乗りやすい子なのだとは思います。

しかし、こうなるのは、外的要素がない限り、人間に原因があります。 

駈歩のときに、私が下手なので、エタP的には、

「せなかで、どっすんどっすん、しちゃイヤ~ン」

+、一歩ごとに手綱が上下したり引っ張られたり、足が定まらなくてバタバタ・・。

エタP的に気持ち悪かったのだと思います。  

「もう、カケアシしたくない~」 

という心境だったと。

エタP、下手でごめんね^^;

先生「今日は、ちょっとびっくりしちゃったね」

と、なぐめて下さいました。

他の会員さんにお聞きしたところ、エタPは、

脚の扶助を嫌がり、鞭のほうがいいとのこと。

馬によって、色々とあるので、なかなか難しいです。

しかし、本当に、毎回、乗る子が違います!

ちなみに、下馬後、馬友達の

kaoriさん&プンサン犬親子(モンシル、プンシル、コムタン)と、

junkoさん&チワワ(メイ)とで、代々木公園のドッグランに行きました!

ちょっとしたドッグトレーニングもさせていだきました。

楽しかった♪

ということで、乗馬日記、次回に続く。

Posted by マヒロ  |

コメント

コメントを書く