« 我が家にやってくる「でんでん」たち | トップページ | 友人と代官山の「シェ・リュイ」&「チョコレートカフェ」へ »

2014年7月 2日

ドキュメンタリー映画「ノー・ヴォイス」の古新監督のパーティーに参加!

捨てられる犬0を目指した、2014062910011500
ドキュメンタリー映画「ノー・ヴォイス」

http://no-voice.com/
の古新監督のパーティーが、28日、高円寺で行われました。
とても、魅力的で、しかも、礼儀正しく、腰が低く、素敵な監督です!
今後のご活躍を期待するとともに、
捨てられる動物が0になるように、私も頑張ろう!
と改めて思いました。
動物を捨てる人、虐待する人、やめてください。
動物だけではありません。
世の中には、幼児虐待、人に対してのイジメ、嫌がらせ、
蔓延しています。
守らなくてはいけない、弱いものを虐待したりするのは間違っています。
弱いものは、守るべき存在なのです。
そして、この日、お会いした素敵な皆様方、ありがとうございました。
監督、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。
ちなみに、この映画は、6/21に、ちばわん主催でも上映会をしました。
http://chibawanma.exblog.jp/
ちばわんで、レスキューして幸せになった犬のお話も描かれているのです。
捨てられる動物、殺処分される動物 0 !!!!

20140629100226002014062923042900

そういえば、日テレ系「行列のできる法律・・・」で、
某弁護士先生が、動物愛護に関してお話されていました。
海外に比べて、日本は、かなり遅れている!とのこと。
こんなに平和で豊かな日本が、動物に関して、
ものすごく遅れた考えや法律だということを、皆さんに知っていただきたいし、
私が法律を変えられるならば、変えたいです!(物凄く無理だけど)
できることからやろう!
画像は、
皆さん、うしろのボードに「おめでとう」コメントを書かれています。
私も、ちょうど画像の真ん中に書かせていただいています!
古新監督さんと脚本家の堀之内さんと写真を撮らせていただきました。
そして、ミュージシャンの「WIP」さん&彼らのCDです。
頑張って!
余談ですが、
以前、ドギュメンタリー映画「犬と猫と人間と」の
飯田監督さんともお話させていただいたことがありますが、
本当に、素晴らしい方です。
映画という現実的な形になって、人々に訴えかけられるのは、
大変影響力があると思います。
私は、文字を通じて、本を通じて、動物を救えるようにガンバリマス!!

Posted by マヒロ  |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。